妖異博物館 - 柴田宵曲

柴田宵曲 妖異博物館

Add: mysymic74 - Date: 2020-11-28 16:32:39 - Views: 245 - Clicks: 9730

三田村鳶魚 『大衆文芸評判記』 汎文社(1933、復刻 沖積舎、1998) 1. 『子規居士』、『子規居士の周圍』 4. 森銑三と共著 『書物』 白揚社(1944、増補版1948) 12. 三田村鳶魚 『輪講叢書』7冊、青蛙房(). 『古句を観る』 岩波文庫(1985、改版) ISBN、ワイド版(1991) 2. 1-7 形態: 2冊 ; 20cm 著者名: 柴田, 宵曲 書誌id: bnisbn: (正) (続). 1-7 形態: 2冊 ; 20cm 著者名: 柴田, 宵曲 書誌ID: BN11938012.

『古句を観る』、『俳諧博物誌』、『俳諧漫筆』 3. 林若樹『集古随筆』 大東出版社(1942) 1. 正岡子規編 『分類俳句全集』12巻、アルス() 1. 『新編俳諧博物誌』 小出昌洋編、岩波文庫(1999) ISBN. 8 形態: 2冊 ; 15cm 著者名: 柴田, 宵曲 シリーズ名: ちくま文庫 ; し-25-1 し-25-2 書誌id: baisbn:. 上代から江戸後期までの、文学作品の笑いの場面を編・解説 9. 「明治風物誌」 柴田宵曲.

妖異博物館(続) - 柴田宵曲 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 島田青峰名義 『俳句読本』 富士書房(1930)- 『土上』に4年連載した『縱に観た俳句』を編さん 2. 『随筆集団扇の画』 小出昌洋編、岩波文庫() ISBNX 8.

三田村鳶魚 『未刊随筆百種』23巻、米山堂(1927 / 新版 全12巻 中央公論社、1978) 1. 森銑三と共著 『古酒新酒 われらが讀書の記』 成史書院(1942) 8. 内藤鳴雪 『俳話』 大東出版社(1942) 1. 『続 妖異博物. 古本・古書検索最大級の通販サイト 日本全国900軒の古書店、古本屋が参加 書籍データ600万件超 随時更新中 絶版書や探していた珍しい本・資料が見つかる買える!. 『芭蕉言行録』 三省堂(1940)/ 『芭蕉』日本青年教育会出版部(1942) 5.

『明治の話題』 ちくま学芸文庫() 11. なんという博覧強記。 それでいながら衒いを全く醸し出さない宵曲さんの恬淡とし. 『芭蕉』、『蕉門の人々』 2. 柴田宵曲「妖異博物館」の「果心居士」にて石川鴻斎「夜窓鬼談」の「果心居士」をオリジナル訓読; ブログ910000アクセス突破記念 梅崎春生 熊本牧師; 小穴隆一 二つの繪 やぶちゃん注 完遂; 夏目漱石 文展と藝術 附やぶちゃん注. 寒川鼠骨編 『子規選集』6巻、改造社() 1. 島田青峰名義 『芭蕉名句評釈』 非凡閣(1934) 3.

柴田宵曲 人物 自身の著書を出版することには、あまり熱心でなかった。また「句集」は、『谺』の同人らによって、没後. 『子規全集』15巻、アルス() 1. 五百木瓢亭 『瓢亭句日記』 政教社(1958) 1. 妖異博物館 / 柴田宵曲. 森銑三・池田孝次郎と共著 『日本人の笑 文学篇』 三省堂(1942) 8. 妖異博物館 ; 續妖異博物館. 三田村鳶魚 『時代小説評判記』 梧桐書院(1939、復刻沖積舎、1998) 1. Shibata, Shokyoku.

『俳諧随筆蕉門の人々』 岩波文庫(1986) ISBN. 8 形態: 338p ; 15cm. 20 芭蕉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7. 『俳諧随筆 蕉門の人々』 三省堂(1940)- 野村泊月主宰『桐の葉』に連載() 6. Pontaポイント使えます! | 続 妖異博物館 ちくま文庫 | 柴田宵曲 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 『奇談異聞辞典』 ちくま学芸文庫() 12. 『古句を観る』 七丈書院(1943) - 『谺』に連載された() 11.

編著『随筆辞典 第4巻 奇談異聞編』を改題 13. Sibata, Syokyoku. 『柴田宵曲文集』(全8巻、小澤書店、1990-94) 加藤郁乎・木村新・小出昌洋らが編集委員。 1. 『漱石覚え書』 小出昌洋編、中公文庫() 13. 妖異博物館 フォーマット: 図書 責任表示: 柴田宵曲著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 青蛙房, 1963. Amazonで柴田 宵曲の妖異博物館 (ちくま文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。柴田 宵曲作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 西鶴学会編 『西鶴研究』(、復刻4冊組、竹野静雄解説、クレス出版、) 1. 『妖異博物館』、『續妖異博物館』 7.

柴田 宵曲(しばた しょうきょく、1897年(明治30年)9月2日 - 1966年(昭和41年)8月23日)は、日本の俳人、歌人、随筆家、書誌学者。. 柴田, 宵曲(シバタ, ヒサキ) 同姓同名の著者を検索. 『日本人の笑』 森銑三・池田孝次郎共著、講談社学術文庫(1990) 5. 『子規居士』 三省堂(1942) 7. ヨウイ ハクブツカン ; ゾク ヨウイ ハクブツカン. 柴田 宵曲(しばた しょうきょく、1897年(明治30年)9月2日 - 1966年(昭和41年)8月23日)は、日本の俳人、歌人、随筆家、書誌学者。本名は泰助。博識で、談話筆記・編集・校正に長じ、知友の著書の刊行に貢献した。.

三田村鳶魚『鳶魚江戸ばなし集成』20巻、青蛙房() 1. 柴田宵曲文集 全8巻・月報揃著者:柴田宵曲 発行所 :小沢書店 &nb どの本も静かな文章で、しかも読みやすくて楽しい。俳句関連以外で一番お勧めしたいのは「妖異博物館」「続・妖異博物館」である。 追記:いつの間にか青空文庫で「古句を観る」が読めるようになっていた。 柴田宵曲 古句を観る. 『改造社版子規全集』22巻、改造社() 1. 『続 妖異博物館』 ちくま文庫() 10. 4㎝ 平成2年 小澤書店 お支払いYahoo! 島田青峰名義 『子規・紅葉・綠雨』 言海書房(1935) 4. 妖異博物館 - 柴田宵曲 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 柴田 宵曲『妖異博物館』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約13件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。.

空を飛ぶ話、羅生門類話、離魂病、白猿伝、化鳥退治など、奇譚の数々を集めた『妖異博. 『根岸の俳句』、『「竹の里歌」おぼえ書』 5. 『明治風物誌』 ちくま学芸文庫() 12. 妖異博物館 (柴田宵曲/筑摩書房)の書評は本が好き!でチェック!書評を書くと献本がもらえる!腕利きのレビュアーが. 『妖異博物館』 ちくま文庫() 9. 出版に貢献した師友知人の図書で、主な書目一覧である。 1.

柴田宵曲 略歴 柴田 宵曲:1887年東京生まれ。「ホトトギス」入社、句集の編集に携わる。俳壇・寒川鼠骨や江戸学・三田村鳶魚にまつわる編集作業で知られ、『子規全集』全15巻、『鳶魚江戸ばなし集成』全20巻などを編纂した。. 『評伝 正岡子規』 岩波文庫(1986) ISBN. 妖異博物館 (ちくま文庫)/柴田 宵曲(文庫:ちくま文庫)の最新情報・紙の本の購入はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。書店で使えるhontoポイントも貯まる。3000円以上購入から国内送料無料で、最速24時間以内出荷。. 『子規居士の周囲』 六甲書房(1943) 10. 須永元 『樗堂言語録』 政教社(1939) 1.

柴田宵曲シバタショウキョク 1897(明治30)年東京市日本橋区に生まれる。開成中学を中退後、独学で俳句、短歌、文章に精進、ホトトギス社に入社し編集に従事。寒川鼠骨の知遇を得て『子規全集』編纂に尽力した。. かんたん決済 コメント領収書は発行出来ませんので、予めご了承ください。 この商品は中古品です。状態についての特記事項は商品説明に記載しておりますが、保存状態が気になる方はご入札をご遠慮ください。. 『妖異博物館』 青蛙房(1963) 14. 寒川鼠骨・林若樹編 『其角研究』 アルス(1926) 1. See full list on wpedia.

柴田 宵曲(しばた しょうきょく、1897年(明治30年)9月2日 - 1966年(昭和41年)8月23日)は、日本の俳人、歌人、随筆家、書誌学者。本名は泰助。 本名は泰助。. 『漱石覺え書』、『紙人形』、『煉瓦塔』 8. 「妖異博物館」 「続 妖異博物館」 柴田宵曲 『甲子夜話』 『耳嚢』 『東西遊記』 など、江戸時代の随筆・紀行等から、全国各地の怪異譚を採集、分類した奇譚集成。. 寒川鼠骨 『寒川鼠骨集』 改造社(1930) 1. Amazonで柴田 宵曲の幕末武家の回想録 (角川ソフィア文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。柴田 宵曲作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 柴田宵曲著 (柴田宵曲文集 / 妖異博物館 - 柴田宵曲 柴田宵曲著, 第6卷) 小澤書店, 1991. 篠原温亭『昔の宿』 七丈書院(1944) 1. 西南戦争後の夜空に出現した西郷星、ペスト大流行と鼠供養の塚、團十郎人気と贋者たち、焼芋と明治文学、白秋 「東京景物詩」 にみる瓦斯燈の詩情、落書きのため借家を追われた青木繁、コックリさんと小波お伽噺。.

『明治の話題』、『明治風物誌』、『氷菓漫筆』、『文學・東京散歩』 6. 自身の著書を出版することには、あまり熱心でなかった。また「句集」は、『谺』の同人らによって、没後に初めて編まれた。雑誌への掲載も、天野古日・大井泰介・大森多介・片野亨・満天星・羅漢柏などなど、多くの筆名で身を隠した。 書誌学者・近世研究者の森銑三とは、昭和初期から終生の友人。「柴田さんを利用しなかったジャーナリズムも頼りないが、一生、ジャーナリズムに煩わされる所なく、趙然として一生を終った所にわが宵曲大人があった」と回想している。 『古句を観る』が、宵曲没し20年近くを経て岩波文庫(跋文森銑三、解説小出昌洋)に入ったことで、多くの人にその著作・人となりが見直され始めた。なお同文庫の子規『俳諧大要』の跋文は宵曲自身による。 なお宵曲本人は、終生「縁の下の力持ち」として生きたこともあり、明治・大正・昭和にわたり言論界を代表した徳富蘇峰を大変嫌っていた。 芭蕉一門の伝記、俳諧考証のみならず、江戸時代の怪談奇談の編纂も著名であった。. 東京市日本橋区久松町(現・東京都中央区日本橋久松町)の洋傘・毛織物卸商、柴田半六と妻せつ(旧姓永井)との次男に生まれた。 1904年(明治37年)(7歳)、蛎殻町の有馬小学校に入ったが、家が移り、1907年、根岸小学校の4年生に転じ、その頃から俳句を投稿し始めた。1910年、開成中学に進んだが、実家の都合で半年後退学し、以降は上野図書館で読書・筆写に徹し、夏目漱石や、当時故人であった正岡子規に傾倒した。歌・俳句・文章の投稿・投書を続けた。 1913年、京北中学校への転入に失敗、新聞社の臨時校正係を務めてやめるなどがあった。句会に出席するようになった。 1918年(大正7年)(21歳)、ホトトギス社の編集員になった。その年、宝井其角の『五元集』の輪講会が、寒川鼠骨・高浜虚子・三田村鳶魚・林若樹・内藤鳴雪らで開かれ、その書記を命じられ、メモして纏める原稿が好評で、輪講仲間には重宝がられた。 子規の同郷の門弟の俳人だった寒川鼠骨に好かれて師事し、子規譲りの鼠骨の清貧を習った。第一次『子規全集』編纂に尽力。ホトトギスの訪問記事のために多くの文人を訪ねた。句会の幹事も務めた。能・狂言を知って好いた。吟行も始めた。 1922年、篠原温亭の俳誌『土上』(どじょう)の創刊に加わった。其角の輪講が一段落したのを機に、1923年ホトトギス社を退社した。鼠骨とアルスの北原鉄雄との間で『子規全集』出版の企画があった。関東大震災後の1924年に話が進み、宵曲は遺族の住む子規庵に日参して草稿を浄書した。全15巻の全集は、1924年から1926年にかけ出版された。 1924年、鼠骨が始めた月例の『子規庵歌会』に加わって詠み、筆記役も務めた。1926年から1930年まで、三田村鳶魚の江戸文化の輪講を載せる『彗星』誌のために、筆記と編集をした。三田村のための口述筆記と編集は、その後も続けた。1930年、『子規庵歌会』機関誌として創刊された『阿迦雲』に寄稿し、輪講の筆記もした。 1928年(昭和3年)(31歳)、故篠原温亭の長女小枝子と結婚し、のち長男久樹を得た。 1931年(昭和6年)から政教社に勤め、1935年まで『日本及日本人』誌の編集に携わった。頼まれて1938年に復職し、五百木瓢亭没後の同社は好かなかったけれども、鼠骨に励まされ、1945年の解散まで続けた。 1935年、主宰が嶋田青峰. 正岡子規は観察力の必要性を力強く説いた人だったが、そうした信念は宵曲にも継承されている。『妖異博物館』では、「狐の嫁入り」「天狗と杣」といったように、小項目によって各物語が分類の上紹介されているのだが、柴田の編纂姿勢は事物の羅列.

『書物』 森銑三共著、岩波文庫(1997)、ワイド版() 6. 『明治の話題』 青蛙房(1962) 13. 妖異博物館 正・続 全2巻揃 (ちくま文庫) ¥ 4,000 柴田宵曲 、筑摩書房 、 、2. 妖異博物館 フォーマット: 図書 責任表示: 柴田宵曲著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 筑摩書房,.

妖異博物館 - 柴田宵曲

email: agufah@gmail.com - phone:(696) 536-1606 x 9147

人事小六法 昭和64年版 - 総務庁人事局 - Chika写真集

-> くびれポリスの「腹トレ」 おっぱい番長朝井麗華直伝! - 朝井麗華
-> 大学文系の学科案内 2001年度用

妖異博物館 - 柴田宵曲 -


Sitemap 1

すべては音楽から生まれる - 茂木健一郎 - グリーグ